ジヒドロテストステロンを抑制し、
抜け毛防止&薄毛改善!
AGAはプロペシアで治療

AGAの原因は遺伝だけではない!生活環境も原因!

AGAの原因は、生まれつきの体質や遺伝だから自分ではどうしようもないと諦めている人が多いです。
確かに、遺伝的な要因の影響もAGAは受けますが、実は生活環境も大きな原因になります。

特に、男性は仕事のストレスなどで、気付かいないうちに髪の毛や頭皮に悪い生活習慣を繰り返していることが多いです。
AGAの原因として、頭皮に血行がまわらないことで、栄養不足になってしまうことが多いです。
偏った食生活は髪の毛の元になるアミノ酸やタンパク質が不足してしまいます。
さらに、脂っこい食事ばかりとっていると、血行が悪くなり、頭皮まで栄養が届かなくなってしまいます。

また、ストレスも大きな影響があります。
ホルモンバランスが乱れる原因になるからです。
ストレスをまったく感じない生活というのは難しいので、趣味などでストレスを適度に解消できる環境があるといいでしょう。
無趣味な人も増えていますが、自分の好きなことをする時間というのは、とても大切なものです。

そして、生活環境の中でも、運動不足から肥満になっている人が多くみられます。
運動不足というのは、健康に悪いだけでなく、ホルモンの分泌量にも変化を与えます。
肥満になると、代謝が悪くなり、血液もドロドロしてきます、頭皮に栄養を運ぶ血管はとても細いので、このような状態になってしまうと、うまく栄養を届けることができなくなってしまいます。
肥満だからAGAになるということはありませんが、密接な関係性があります。

AGAは睡眠の影響も受けます。
大人になっても分泌される成長ホルモンは、髪の毛にも欠かすことができないホルモンです。
睡眠不足になってしまうと、この成長ホルモンがうまく分泌できなくなってしまい、髪の毛の成長に悪い影響を与えてしまいます。
特に、成長ホルモンは22時から翌日の2時までに多く分泌されます。
この時間帯はできるだけ寝るようにして、成長ホルモンの分泌を促すようにしましょう。

タバコやお酒もNG!AGAになりたくないなら

運動不足でもないし、睡眠もしっかりとっているという人でも気を付けたいのが、お酒とタバコの生活習慣です。
これらふたつの習慣は、男性に多くみられる習慣ですが、実は髪の毛にとっていいものではありません。

タバコは、吸うことで毛細血管が収縮してしまいます。
元々頭皮の血管は細いのですが、さらに収縮することで、髪の毛に必要な栄養が運ばれにくい状態になってしまいます。
頭皮の血行不良から栄養不足になることが分かっています。

さらに、タバコを吸う人は、吸わない人に比べると男性ホルモン量が増える傾向になります。
弾性ホルモン自体は悪いものではありませんが、抜け毛を促進する因子も増えてしまうので、注意しましょう。
抜け毛を促進する因子が増えれば、当然髪の毛の量も減ってしまいます。

お酒を飲むことで、糖分が脂肪へと変わり、過剰な皮脂分泌に繋がります。
皮脂が毛穴をふさいでしまうと、髪の毛の成長を阻害します。
アルコールを分解するためには、多量のアミノ酸が必要になりますが、アミノ酸は髪の毛を作るのにも必要な成分です。
アルコールの分解にアミノ酸が使われてしまうと、髪の毛を作る分が不足してしまいます。

お酒は、適度であればストレス解消などの効果も期待できますが、飲み過ぎはよくありません。
適量を楽しむようにしましょう。
飲み会が続くような年末年始は、自分で意識して休肝日を設けるようにしましょう。
こうすることで、肝臓を休ませることができ、結果的に頭皮や髪の毛にもいい影響を与えることができます。

タバコやお酒というのは、つきあいの席で必要になることもあります。
完全になくすのは難しくても、量を減らすように気を付けましょう。
AGAというのは、毎日の生活習慣によって状態が変わってきます。