ジヒドロテストステロンを抑制し、
抜け毛防止&薄毛改善!
AGAはプロペシアで治療

抜け毛予防をシャンプーのヘアケアでやろう!

抜け毛を改善したいのなら、シャンプー方法を見直すことが有効です。
最近注目されているのは炭酸シャンプーであり、取り入れれば細かい泡の作用によって付着した皮脂や汚れをキレイにすることができます。
炭酸の泡の働きで細胞の修復が行われたり、血行を良くすることができますので、抜け毛の予防にもなります。
頭皮が硬くなってきた人や汚れが詰まりやすい人、髪の毛のハリやコシがなくなってきた人にお勧めです。

シャンプーにはシリコン入りとノンシリコンがありますが、抜け毛予防としてはノンシリコンが適しています。
シリコンは髪の毛にツヤをもたらしてきしみを改善してくれますが、刺激が強くて頭皮環境の悪化を招きます。
既に皮膚荒れを起こしている状態の時や元々敏感な人が使うと抜け毛の大きな要因になりますのでお勧めできません。
ノンシリコンタイプなら頭皮にとても優しいので、洗いながらコンディションを整えていくことも可能です。

抜け毛対策としてはオーガニックシャンプーを支持する人もいます。
オーガニックは天然由来成分から作られているシャンプーであり、石油系の界面活性剤が含まれていないことが大きなポイントです。
つまり、オーガニックシャンプーを選べば必然的にノンシリコンシャンプーになるというわけであり、洗浄成分やコーティング剤が主に頭皮に負担をかける成分だといわれています。
天然由来成分ですので頭皮を保湿する作用にも優れていますので、乾燥気味の頭皮に最適です。

実はオーガニックシャンプーはアミノ酸系成分が主になっています。
アミノ酸は人の肌に近い成分であり、毎日使っても頭皮に負担をかけることがありません。
アミノ酸の栄養が頭皮にしっかりと行き渡れば、育毛に関する作用も期待することができます。
オーガニックシャンプー選びでは無添加であることも重要であり、アレルギー症状などを引き起こす表示指定成分が含まれていないことを確認しなければなりません。

朝シャンは抜け毛を誘発させるって知ってた?

抜け毛対策に良いシャンプーが分かったところで、次に注意しなければならないのがシャンプーをするタイミングです。
朝スッキリとして出かけたいからと朝シャンをする人も多いのですが、朝シャンは抜け毛を増やしてしまう恐れがありますので見直す必要があります。

朝シャンが抜け毛リスクを高めるというのは単なるうわさ話ではなく、きちんとした根拠があります。
朝シャンをすると頭皮に付着していた皮脂が洗い流されますが、皮脂は外的刺激から守ってくれるバリアの役割も果たしていますので、外出前に皮脂のない状態にするのは危険です。
夜もシャンプーをしているという人は更にリスクが高くなりますので、シャンプーは1日に1回と決めなければなりません。

また、忙しい朝に髪の毛を洗うと時間がなくてすすぎが疎かになってしまうこともあります。
すすぎが十分に行えないと頭皮にシャンプー液が付着したままになり、長時間刺激にさらされている状態です。
頭皮にとってシャンプー液はとても大きな負担になるものですので、洗う時にはしっかりと流すように心がけなければなりません。
皮膚荒れを起こしている人の中には一定数の割合で流し残しが見られます。

他にも朝シャンを避けたい理由があります。
朝は毛穴が開いた状態になっていますので、毛穴にシャンプー液が入り込みやすい状態です。
自分ではしっかりと落としているつもりでも落としきれないことが多くなりますので、朝は体の仕組みから考えてもシャンプーに向かない時間帯です。

夜寝る時には細胞の働きが活発になりますので、その時間帯に頭皮がクリーンな状態にできていないのも問題です。
1日1回のシャンプーは、夜寝る前に行うのが最適だといえます。