ジヒドロテストステロンを抑制し、
抜け毛防止&薄毛改善!
AGAはプロペシアで治療

プロペシアはAGAに効果のある治療薬

乱れたヘアサイクル

プロペシアはAGAに対して効果のある治療薬であり、病院などで治療を受けると処方してもらえます。
プロペシアにはフィナステリドという成分が1mg含有しており、これは5g-還元酵素を阻害する働きをします。

男性型脱毛症であるAGAは男性ホルモンと関係しており、5g-還元酵素が働くと男性ホルモンのテストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)が作られます。
DHTが多く生成され高密度になってくるとAGAの状態となり、薄毛が進行してしまいます。

なぜAGAの状態になるかというと、DHTは男性ホルモン感受容毛包の毛乳頭細胞と結合し、増殖抑制因子を誘導しますj。
これによって毛母細胞の分裂が阻害され本来成長するはずの毛髪の成長を妨げられた結果、細くて短い状態のまま抜け落ちてしまうのです。
本来であれば頭髪の成長期は3年以上続くのですが、AGAになるとおよそ半年程度にまで短くなってしまうのです。

フィナステリドがDHTの過剰な生成を抑える事により、結果的に薄毛を改善させる効果があります。
フィナステリドは最初から男性型脱毛症の治療薬として開発されたわけでなく、元々は前立腺肥大の治療薬として開発されました。
その後の研究で男性用脱毛症にも効果がある事が分かりアメリカで認可され、日本でも1年間の臨床試験を終えて2005年10月に厚生労働省にAGA治療薬として認可され、同年12月に販売されました。
臨床試験を経て、男性型脱毛症に効果があるとアメリカ食品医薬局に認められたのはフィナステリドを含むプロペシアを含めてわずかであり、確実に効果を得るためにはフィナステリドの様なきちんと効果が認められたものを使う必要があります。

現在巷では脱毛に効果がある、髪が生えるといった商品は数多く存在します。
髪の育成に良い成分が含まれていたり、髪の育成に欠かせない血流を良くするのに役立ったりと間接的に毛髪の育成に役立つ事はあるかもしれませんが、それらを摂取したからといって、必ず薄毛が改善され、毛髪の量が増えるというわけではありません。
DHTの生成を抑制しなければAGAの根本的な解消には繋がらない為、あくまで予防な処置として考えておくべきです。

プロペシアの服用はきちんと用法・用量を守るようにします。
たくさん摂取したからといって効果が大きくなるわけでもなければ、髪が早く生えてくるわけでもありません。
むしろ薬による副作用の危険性が増大するので、間違った使用はしないように注意しましょう。
あくまでも抜け毛を予防、頭皮環境を正常化するというのが目的であると考えておくのが適切です。

AGAチェックとは?

専門の医療機関では治療をする前にAGAチェックが受けられます。
血液は毛髪のDNA配列を解析する事により、男性型脱毛症のリスクとフィナステリドの効果を判定する事が出来ます。
AGAはなりやすいかどうか個人差がありこれはフィナステリドの効果にも関係していきます。
検査によって治療方法やプロペシアの服用の仕方も変わってくるので、この検査というのはとても重要となります。

AGAチェックは血液を採取するか、後頭部の毛髪を10本程度採取して検査します。
この結果は年齢によって変化するという事はないので検査は1回受ければ十分です。
こういった検査や問診を経て、治療方針が決まります。
服用の仕方などが説明されるのでしっかりと聞いておきましょう。
また普段の食生活などについてもアドバイスをもらえるので気になる部分があれば質問してみましょう。

プロペシアは男性型脱毛症には効果がありますが、円形脱毛症などそれ以外の症状には効果がないので、そういった事も含めてまず自分がAGAであるのかどうかを確認する意味でも、必ず医師の診断は受けるようにしましょう。
間違った対処法は薄毛を進行させる所か健康被害にもつながります。