ジヒドロテストステロンを抑制し、
抜け毛防止&薄毛改善!
AGAはプロペシアで治療

プロペシアの副作用で肝臓にダメージがある?

プロペシアには肝機能障害の副作用のリスクはありますが、ほかの薬にくらべてリスクはかなり低いです。
発症した例はありますが、具体的な数はでていません。
もともと肝臓は代謝、解毒などの働きがありますので、薬やサプリが血中に溶けると肝臓に送られ毒素を分解します。
そのため、薬を服用すると肝臓にどうしても負担がかかってしまうのです。
ですから、プロペシアだから肝機能障害の副作用が出るわけではなく、たまたま服用していた他の薬やサプリが原因で副作用がでることもあります。

しかし、プロペシアは服用をやめることができないので、長期間服用し続けることになります。
プロペシアは肝臓にかける負担は軽いとされていますが、毎日毎日徐々に肝臓へ負担をかけてしまい、肝硬変など重い肝機能障害が発生する可能性があります。
服用するまえに医師の診断や肝機能の検査をすれば副作用のリスクは低くなります。
服用を始めたら、定期的に検査をうけるのも大切です。

プロペシアは消化器系の副作用があります。特に肝機能が低下しているときに服用すると副作用が発生する場合があります。
特にお酒を飲む方は注意が必要です。
血中のアルコールは肝臓で分解しますので、肝臓はプロペシアとアルコール両方を分解しなければならず、限界をこえてしまう可能性があるからです。
プロペシアは毎日飲み続ける必要がありますが、禁酒するのが難しい方もいるはずです。
その場合、飲酒量を減らしたり、休肝日をつくればリスクを軽減してプロペシアを服用できます。

プロペシアの肝臓への副作用の発生率は他の薬に比較してかなり少ないですが、肝臓は無言の臓器といいますので、自覚症状のないうちに発生しているかもしれません。
肝機能障害がすすめば、肝臓ガンなどで死にいたることもありえますので注意が必要です。
プロペシアの性質上飲み続けなくてはならないので、定期的に血液検査を受けたりすれば安全に服用できます。
異常を感じたら、無理に服用しないで医師の診療を受けることが大切です。

性欲低下や精子数減少という副作用もある

プロペシアの副作用で懸念されているのが男性機能低下で、性欲減退、勃起不全、射精障害などの副作用です。
プロペシアの添付書類には性欲減退がおきた数値が記載されていますが約1.8%です。
プロペシアは男性ホルモンを減らしたり、抑えたりはしませんからほとんどこれらの症状でないので気にする必要はありません。
逆くに神経質になりすぎると勃起不全や射精障害になってしまうかもしれません。

副作用で男性の不妊もあります。
プロペシアには無精子症や精子を減少させるというデータがあります。
パートナーが妊娠を望んでいる場合に注意が必要ですが、服用を一時的に中止すれば精子は回復しますので妊娠したあと服用を再開すればいいわけです。
また精液検査の結果に異常がある方が服用すれば、男性不妊である無精子症になるリスクもゼロではありません。

プロペシアの服用をやめても、可能性は低いですが、性欲減退や射精障害などが続いてしまう後遺症がでる可能性もあります。
副作用である性欲減退や勃起不全、射精障害などは服用をやめれば回復するといわれています。
しかし服用をやめても症状が続いたり、症状が治まった後また症状が現れたりします。
この症状をポストフィナステリド症候群と呼びます。
まだ治療法が見つかっていません。

ポストフィナステリド症候群はいつ治まるかわかりませんのでの、症状が発症すると永続的に後遺症に悩まされます。
数か月で治まった人もいれば何年たっても後遺症が続いている人もいます。
性欲減退や勃起不全、射精障害に一生付き合っていかなければならない可能性があります。
プロペシアの副作用のリスクはかなり低いですが、生殖機能への影響がゼロではありませんので、パートナーが不妊治療をしている場合や妊娠を望んでいる場合などはよく話し合って服用したほうがいいでしょう。